専業主婦でもOK

お金を借りる・貸し出す際には、色々な法律が関わってきます。その中で、キャッシングやローンなどに直接関わってくる総量規制について説明していきます。

 

総量規制とは、お金を過剰に借りてしまう多重債務を防ぐ為に誕生した規制です。具体的には、借り入れ金額を個人の年収の3分の1までに制限するものです。この規制により、本人の収入がない場合には、融資を受ける事ができなくなりました。

 

それを聞いて不安に思う方もいらっしゃると思いますが、総量規制の対象外になる例外が存在するのです。主な例外として、緊急的に必要になる医療費、配偶者の年収と合わせての借り入れ、個人事業主の借り入れ、などがあります。

 

主婦の方で、パートなどで働いていない専業主婦の方も多いと思います。専業主婦の方だと、借りる前から諦めてしまいがちですが、実際借りられない事はなく、先ほど説明した配偶者の年収と合わせて借り入れができるのです。

 

その他に、総量規制対象外のカードローンというものが存在します。消費者金融での借り入れですと、総量規制の対象になってしまい、主婦の方では借り入れが難しくなってきていますが、総量規制対象外である銀行のカードローンであれば、主婦はもとより、専業主婦の方でも利用できるのです。

 

しかも、銀行カードローンは他の金融機関に比べて、金利が低く設定されており、様々なメリットも存在します。

 

総量規制について理解を深める事で、心配なく安心してお金を借りる事ができるでしょう。